レーザー治療について

 レーザーとは非常に高い熱エネルギーを持った光で、医科では皮膚科や外科、内科等様々な治療に使われています。主に細胞のサイトカインと呼ばれるところに作用し、切開はもちろんのこと
殺菌、消毒、止血、鎮痛、消炎などに効果があります。

 具体的にはレーザーで歯の健康な部分には何も影響を与えず
むし歯の部分だけを安全に除去したり、初期むし歯は削らずに
治療・予防ができ、歯周治療においては抜かなければならない様な歯を保存したり他の治療法に比べて治りが早く又、痛みがほとんどない為、無麻酔または少量の麻酔ですみます。

 最近では歯科のほとんどの治療に大変多く使用されております。

 
×閉じる
Copyright (c)2003 医療法人 応世会 All rights reserved. リンク及び取材等のご連絡はこちらまでお寄せ下さい。