一般歯科

一般歯科は主に保険適用の診療で、インプラントや歯列矯正、
口腔外科などの特殊な治療以外の虫歯治療や歯周病の治療、義歯の作成などを行います。 歯科医院を利用される患者様の多くは「虫歯治療」、「歯周病治療」、
「入れ歯等の修復治療」の一般治療を受診されます。 当院では上記の治療はもちろん、保険治療のすべてを行える体制と設備を整えています。 どうぞ安心してご来院ください。

Do you have the Problem このような症状・お悩みの方へ

  • 突然、歯がズキズキ痛みだした
  • 放置した虫歯がずっと気になっている
  • 歯茎に腫れや痛みがある
  • 入れ歯や差し歯を考えている
  • 口腔内の検診やクリーニングをしたい

歯が痛い女性

Service 一般歯科について

基本的に保険診療で治療が可能ですが、保険診療でできないものやしない方が良いケースは他の治療法を提案します。

虫歯の治療
ミュータンス菌という細菌が産生する酸が歯を溶かし、穴が開いていく状態を「虫歯」と言います。虫歯は突然発症するものではなく、徐々に進行していくもので、自覚が出た時にはかなり進行が進んでいることがあります。 虫歯治療の内容は進行度合いにより変わります。小さな段階の虫歯であれば、虫歯部分をタービンで削りレジンと言われる薬剤を詰める治療を行います。もう少し大きな虫歯は、インレーと呼ばれる詰め物、さらに大きな虫歯の場合にはクラウンと呼ばれる被せ物治療を行います。 虫歯は一度できてしまうと自然に治ることはありません。進行が進むと最悪の場合は歯を失ってしまいます。歯の表面が茶色い、冷たいものや温かいものがしみる、時々ズキズキと痛むなど、気になる症状がある場合は早めの受診をお勧めします。
  1. C0
    歯のエナメル質の表面が溶けだす。
  2. C1
    エナメル質が溶かされ、歯が茶色や黒に変色する。
  3. C2
    象牙質にまで達して歯に穴が開き、知覚の変化が起こる。
  4. C3
    細菌が神経に届き、熱いものがしみるなど痛みが強くなる。
  5. C4
    歯がほとんど失われる。放置すると激痛がおこる。
歯周病治療
歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)により歯ぐきが炎症を起こす症状です。進行した場合には歯を支える歯槽骨が溶け、歯がグラグラし最後には歯を失ってしまいます。 歯周病は30歳以上の80%が感染しているといわれており、初期症状を自覚するのが困難です。歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするといった症状があれば、進行している可能性があるため早めの治療が必要です。 一般的には、歯に付着したプラークを除去する治療を行います。プラークが歯周ポケット内にも深く付着している場合には、外科処置により除去する場合もあります。当院は、厚生労働省が認定する「かかりつけ歯科診療所」のため、歯周病が重症化しないための予防的な処置を保険適用で受診いただけます。
  1. 健康な歯
  2. 初期の歯周病(歯肉炎)
    歯の付け根の表面に、歯垢が溜まった状態です。歯のまわりと歯間に炎症が起こります。固いものを食べると血が出たりします。
  3. ・第2段階の歯周病 (歯周炎第1~2度)
    歯茎が赤く腫れ上がってきます。歯周病ポケットが広がり歯がぐらぐらし始めます。骨もダメージを受けます。
  4. ・最終段階の歯周病 (歯周炎第3~4度)
    歯肉が真っ赤に腫れ上がり、歯根も大きなダメージを受けます。さらに歯のぐらつきがひどくなります。

Flow 治療の流れ

  1. 治療の流れ:検査・レントゲン

    検査・レントゲン

    初回はレントゲン撮影をして、精度の高い検査を行います。

  2. 治療の流れ:治療中

    治療

    症状に合わせて、最適な歯科治療を行います。ご不明な点やお悩みは遠慮なくおっしゃってください。

お口に痛みや違和感がある方は、そのまま放っておいても悪くなっていくだけです。 一時的に痛みがなくなっても治ってはいません。時間の経過とともに悪くなる前に受診してください。