マイクロスコープ治療

応世会のマイクロスコープは肉眼に比べ40倍まで拡大して治療を行うことが可能です。

虫歯の治療や歯の根っこの治療、外科的治療と言われる手術が必要な治療はミクロン単位の精度が必要となります。そのためには40倍で見えるマイクロスコープは欠かせません。患者さんの痛み・負担の軽減につながる歯科用顕微鏡を活用してまいります。

レーザー治療をしている男性

Caries treatment × Microscope 虫歯治療とマイクロスコープ

レーザー治療をしている男性

虫歯治療では歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使うことで、虫歯になっている部分と、虫歯ではない部分をはっきり区別することができます。

これができないと虫歯ではない部分も削ってしまい大きな詰め物をしなければいけないこともありますが、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使うことで虫歯になっている部分だけを取り除くことが可能になります。そのため、歯をできるだけ削らずに残すことが可能となります。

Root treatment × Microscope 歯根治療とマイクロスコープ

レーザー治療をしている男性

歯の根っこの治療でも虫歯治療と同じように歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使うことで、肉眼では見えない根っこの部分を拡大して見られるようになります。歯の根の治療とは歯の神経の治療とも言われています。

歯の根には神経が通っており、そこに多くの細菌が集まります。その神経を治療するにはコンマ何ミリという世界の繊細な治療を行う必要があります。そのため、肉眼では見えない部分を見て、感染源を取り除く必要があるため、医療法人応世会では歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)使って治療を行っているのです。