小児歯科

人の歯は一生に一度だけ生え替わります。
「乳歯は生え替わるし、少々の虫歯だから大丈夫」と、おろそかにしてはいけません。
乳歯には、永久歯に生え替わるまで、
顎の発達・顔の輪郭の形成・身体の発育・永久歯の歯並びなどに影響する重要な役割があります。
乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯に悪い影響が与えます。
乳歯列のこの時期の対応で、将来的にも歯のことで苦しむことになりかねません。
定期的な検診と早めの治療を心がけましょう。

Do you have the Problem このような症状・お悩みの方へ

  • 子供の歯が生えてくるのが遅い
  • 乳歯だけど虫歯が多い
  • 子供の歯磨きがうまくできない
  • おやつを不定期に与えている
  • 子供の歯並びが気になる
  • お子様と同じ箸やスプーン、ストローなどを使っている

歯を磨いている親子

Service 小児歯科について

お子様の治療で大切なのは歯医者さんを怖がらせないことです。
当院では無理やり治療することをなるべく避け、しっかりとお子様に説明し、歯医者や歯科医に慣れてきてから治療を行います。

シーラント
シーラントとは奥歯の咬み合う面の溝にレジンという材質のプラスチックを詰めて、食べカスがたまらないようにする虫歯予防の方法です。
フッ素塗布(とふ)
フッ素は歯の表面を強くし、酸によって表面が溶けかかった歯を元の状態に戻す作用をします。市販の歯磨き粉にもフッ素が含まれているものが多くありますが、当院では、より予防効果の高い「高濃度のフッ素」を塗布しています。
定期検診
子供の体やお口の中は、成人と違い急に変化する時期があります。虫歯がないから大丈夫と何年も検診をしないと、虫歯だけではなく、正しい顎の発育、歯並びに影響が出ることもあります。当院では年2回の定期検診をお勧めしています。

小児歯科のメリット

検診やフッ素の塗布に来ていただくことで、子供の歯の状態や歯並びを定期的にチェックできます。通う習慣をつけることで、お子様が歯医者を怖がらず育ってくれます。

小児歯科のデメリット

3か月に一度程度、ご来院いただく手間がかかりますが、それ以上のメリットがあるとお約束します。

Flow 小児歯科の流れ

  1. 治療の流れ:検査

    検査

    必要に応じてレントゲンの検査を行い、治療計画を立案します。

  2. 治療の流れ:治療中

    治療

    保護者の方から治療方針に同意のうえ、治療を進めていきます。

  3. 治療の流れ:ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    お子様ご自身と親御様へのブラッシング指導を丁寧に行います。

子供は自分のお口の状態を上手に説明できないため、虫歯に気づくのが遅くなりがちです。
痛みを訴えてきたときは酷い虫歯になっていることが多いです。
大切なのは日頃の仕上げ磨きと定期的検診です。お子様の歯を守るために、ぜひご家族での「定期検診習慣」をお勧めします。