睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の治療は歯科医院でも行えます。睡眠時無呼吸症候群とは、寝ているときに呼吸が止まってしまう病気です。
昨今ニュースなどでも取り上げられることが多くなりましたが、寝ている間に起きることなので症状に気付くことが少ないことも特徴の一つです。
夜間の睡眠が浅くなり、居眠り運転をする等、それが問題で日常生活に大きな影響が出てしまうことがあります。
当院では、無呼吸を防止する「マウスピース治療」を行っています。
スリープスプリントとも言われており、下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、イビキや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。

Do you have the Problem このような症状・お悩みの方へ

  • 寝ているときのイビキがひどい
  • 寝ているときに呼吸が止まる
  • 寝ていても、むせて起きることがある
  • 起きた時に睡眠がとれていない感じがする
  • とにかく口が乾く
  • 起きているとき眠気が続き、集中力が続かない

Service 睡眠時無呼吸症候群の治療について

当院ではマウスピース治療(スリープスプリント)による治療を行います。マウスピース形状(上下一体型)のスリープスプリントを使用して“イビキ対策”をします。あごを固定して呼吸の気道を広く保ち、無呼吸を防ぐことで快眠を期待できます。
マウスピースは、型取りから製作する完全オーダーメイドのため、装着時の違和感を極力少なくし、顎関節への負担も少なくします。
※マウスピースで全て治療が出来るとは限りませんのでご了承ください。

睡眠時無呼吸症候群治療のメリット

  • イビキが改善されます
  • ぐっすり快適に寝ることができます
  • 日々の体調も改善が期待できます
  • 仕事や勉強に集中できるようになります

睡眠時無呼吸症候群治療のデメリット

  • マウスピース治療だけでは改善しないこともあります
  • マウスピース以外の治療のときは他のクリニックを紹介することもあります

Flow 睡眠時無呼吸症候群治療の流れ

  1. 耳鼻科などで検査

    まずは他院の耳鼻科等で検査し、睡眠時無呼吸症候群かどうか診断してもらってください。

  2. 紹介来院

    歯科治療を希望していることを伝え、診断書を用意してください。

  3. 検査

    当院で歯科的アプローチの検査を行います。

  4. カウンセリング

    症状について詳しいヒアリングやマウスピースの使用に関する説明を行います。

  5. 印象(お口の型どり)

    あなただけのマウスピースを制作するための型取りをします。

  6. マウスピース作成~お渡し

    完成したマウスピースを渡し、睡眠時に使用していただきます。

睡眠時無呼吸症候群は自分では気づきにくい症状です。
誰かにイビキや呼吸のことを言われたりしたときは、まず耳鼻科で検査してみてください。何か治療をしない限り良くなっていきません。先ずはお気軽にご相談ください。