ホワイトニング

ホワイトニングは一般的には「歯を白くする」ということですが、ホワイトニングジェルを使って歯を漂泊しているのです。
ホワイトニングジェルに含まれる過酸化尿素には、歯を傷めることなく内部の色素を細かく分解する力があります。
継続的に作用させることによって、より深いところの色素まで分解して歯を白くすることができます。黄色い歯が気になって思い切り笑えないという方も、気軽にホワイトニングにトライしてみてください。

Do you have the Problem このような症状・お悩みの方へ

  • 歯の色を白くして、思い切り笑いたい
  • 印象を良くするために歯の色を揃えていきたい
  • 結婚式や就職・転職といった特別な日までに歯の色を治したい
  • 黄色い歯のせいで口元に自信がない

Service 治療について

ホワイトニングには2種類の方法があります。

1.ホームホワイトニング
1日1~2時間、自宅であなた専用に製作したマウスピースに薬液を入れ、装着してもらう方法です。2週間程度で効果がでます。
2.オフィスホワイトニング
1~2回ほどの来院で一気に歯を漂白します。使用するホワイトニング剤が高濃度であること、専門の医療機器を駆使した方法であることから、即効性が高く施術したその日から歯の白さを実感することができます。
ホワイトニングの前には必ず歯の治療を受けてください。歯周病や虫歯の治療を終わらせておく必要があります。
漂白の効果が出ないことや知覚過敏の原因になることがあります。歯の密度や個人差などにより白さには限界があります。歯の色が真っ白になるのではなく、若い頃の色に戻るとお考えください。

ホワイトニング治療のメリット

ホームホワイトニング

  • 自宅で自分で治療を行えます
  • 平均持続時間が1~2年と長く、効果が長持ちします
  • オフィスホワイトニングより費用が安くすみます
  • マウスピースは一度製作するだけでよいので、2度目以降はホワイトニング剤の費用だけで済むようになります

オフィスホワイトニング

  • 治療当日から効果を実感できます
  • 歯科医院にお任せで歯が白くなります

ホワイトニング治療のデメリット

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングと異なり、低濃度のホワイトニング剤を使用するので、一気に歯を白くすることはできず、白さを実感するまでに2週間以上の期間を必要とします。また、毎日自分で行うので手間がかかります。

オフィスホワイトイング

1回の治療時間が40~60分と比較的長い時間が必要で、即効性がある分、効果の持続時間が短く、平均して3~6ヶ月間が目安となっています。

Flow 治療の流れ

ホームホワイトニングの手順

一回目
  1. 診査

    虫歯、ヒビ等の診査を行います。これらは知覚過敏の原因になりますので、漂白前に仮の充填を行い、漂白後に再度充填を行います。虫歯の処置が必要な場合は、数回のアポイントが必要になります。

  2. 印象採得(型取り)

    ホワイトニングに使用するトレーの製作に必要になります。

二回目
  1. 歯面清掃

    歯面の歯石、プラーク等の汚れを除去することで、効果が上がります。

    マウストレーの試適、調整

  2. ご自宅でのホワイトニング(2週間程度)

三回目以降
  1. 当院での経過観察

オフィスホワイトニング

  1. 歯の汚れをしっかりと掃除します
  2. ホワイトニングジェルが歯茎に触れないように歯茎の保護をします
  3. ホワイトニングジェルを塗布し、光を当ててホワイトニングジェルを浸透させます
  4. 終了後に効果を確認します

ホワイトニングのメリットは「歯を削らない・麻酔をしない・痛くない」という点ですが、実は途中で歯がしみることがあります。
知覚過敏と言われて一時的なものですが、歯に深い詰め物があったり、目に見えないヒビがあると高い確率で知覚過敏が起こります。
これは一過性なのですぐ収まりますので心配要りません。歯を白くしたいと思っている方、今は機械の進歩もあり効果性も上がってきました。興味がある方はお気軽にお聞きください。